ココロをつなぐ
パスをする

障がいがあってもなくても、
スポーツを通して得られる
成長と絆があります。

Scroll

どんな団体?

障がいのある子どものためのサッカースクール「NPO法人ピジョン」。2010年4月から東京都文京区を拠点に活動する非営利団体です。子どもの本来の姿であるわんぱくな活動の場を提供するとともに、チームスポーツを通して基礎体力はもちろん、思いやりの心、人との繋がりを育んでいきます。こうした活動に込めたピジョンの思い、そして私たち自身について、ご紹介します。

団体を詳しく見る

優しい笑顔の武藤監督の写真 - 障がい児のためのサッカースクール

教室で何をする?

子どもたちのもつ心や体の症状の種類とレベルはそれぞれです。私たちの団体にも、発達障害や身体障害に関する様々な症状の生徒がいます(自閉症、ダウン症、脳性まひ、多動症など)。なかなか喋らない子もいれば、お喋りが好きで止まらない子もいます。ボールを送り出すのが精一杯な子もいれば、大人顔負けのシュートを放つ子もいます。そうした中でコーチはもちろん、子どもたちはお互いに尊重し、時に助け合い、時に笑い合います。そんな教室の練習内容や場所・日時をご紹介します。

教室を詳しく見る

生徒とサッカーの練習をする鈴木ゆうきコーチの写真 - 障がい児のためのサッカースクール

活動の雰囲気は?

単調になりがちな基礎練習も、コーチが雰囲気を作ることによって子どもの興味を刺激し、遊びの延長として自然に取り組んでいけるような現場作りをしていきます。教室は隔週で開催しており、練習では諦めずにトライすることを伝えます。SNSではそんな日々の活動の内容や、スタッフの気づきを報告しています。活動の雰囲気をつかみたい方はぜひ、ご覧ください。